new_articleベンチュラーウォーカー

寝台列車ななつ星2013年1月20日

 

pgTraininfo_ph1s

 

 

JR九州の豪華観光寝台列車 ななつ星
1人分の基本料金が最高55万円! 海外旅行に行けるではないですか!

昨年10月から運行しているのですが 定員の7倍以上の乗車予約が殺到。

ななつ星の最大の売りは車両の豪華さで 14の客室は「和と洋の融合」を表現し、

木造の壁やテーブル、障子窓をあしらう。

そして ピアノバーで九州の焼酎を楽しめ、

食事用車両では九州の野菜を使った料理も味わえるらしい

かなり手が込んでいます

 

pgTraininfo_ph6s

 

目的地に行くだけの寝台列車は消えてしまったこの時代

目的地は二の次で道中を楽しむ新しい提案

「主役は列車」が脚光を浴びていますね。

 

 

3年前 男友達とでニセコスキー合宿を企画

僕 「行きは 大阪発 札幌着の 寝台特急トワイライトエクスプレスにしよう」

友人 「男2人は気持ち悪がられるから やめようや アベックか 時間のある

老夫婦しかおらへんで」

僕 「大丈夫やって 俺たちは純粋にスキーの上達のために 黙々と滑るから あえて 男   2人でいくんや」

友人「そんなん だれもわからへんし 」

 

でも 強行で 予約をするために いろいろな方法で頑張ったけど

めちゃくちゃ 人気で予約を取る事は

できませんでした。 結局飛行機で行ったんです。

 

 

過疎化地域では A地点からB地点まで行くだけの

交通機関は経営が成り立たないため

運行が危ぶまれている地域はたくさんある。

しかし アイデア次第では 復活ができる事を証明してくれている。

飛行機や新幹線の整備がしっかりし始めた狭い日本では

交通機関は夢を売るサービスに変わらなければならない時代になったのでしょう

 

 

 

Taco-ferry_Iwaya

 

明石タコフェリーも復活して欲しいです!

http://www.ventiler.jp/walker/2011/11/post-161.html